2010年03月25日

事業継承と店舗移転を絶妙にした割烹料理店 その2

◆競争条件が不利な立場の会社は、他社との差別化を

 中心に考えなければなりません。

 飲食店の場合は、客単価により客層の差別化が出来ます。

 若紀久さんの場合は、居酒屋チェーン店が、将来出てくる

 ことが解っていたので、居酒屋の客層とは異なる客単価に

 設定しました。

 とはいえ、以前のような客単価1万円以上を想定すると

 あまりにもかけ離れて、駅から1分という立地には不向き

 です。

 uvs100308-001.gif

 そこで、居酒屋よりやや高めの単価設定にしました。

 居酒屋で飽きた人がたまに来てくれる。

 ちょっといい場所。

 いつかはクラウンというキャッチコピーがありましたが

 たまには、マーク2というゾーンです。

 しかし高いなら高いなりの理由が要ります。

 それには、おいしい料理それと接近戦です。

 カウンターの席数は、当初の計画より増やし

 将来のことを考えて、お客さんと会話が出来る

 そんな特徴を店に持たせることにしました。

 IMG_0153.JPG

 少人数でも、若や大将と料理の話しながら食事をする。

 これは居酒屋ではまねが出来ません。

  動画はここから>>>> 14:38

◆経営戦略は、弱者の戦略原則の手順で考えました。

  1、客層を細分化

  2、料理で差別化

IMG_0183.JPG
花見会席は、春をイメージしたオリジナル会席です
   
  3、ニュースレターで接近戦

  4、カウンターで一騎打ち

 皆さんも、弱者の戦略原則に則って考えてみてください。


 成功する事業相続の戦略はここから>>>>>

 バックナンバーはこちら>>>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィクリートーク付録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36487903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック